四つ葉電力株式会社|電力コストの低減|大阪市

企業の電力コスト削減なら、四つ葉電力!電力コストの低減で税引き前利益を増やす

blog_title

HOMEブログページ ≫ 今夏の節電へのご協力のお願い≫

今夏の節電へのご協力のお願い


2022年5月27日、経済産業省の「電力・ガス基本政策小委員会」において、今夏の電力需給見通しおよび電力需給対策が取りまとめられました。
今夏の関西エリアの電力需給は、地域間連系線を活用すること等により、電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%を確保できる見通しですが、他のエリアでも7月の予備率が3%をわずかに上回る3.1%となるなど、非常に厳しい見通しです。
また、新型コロナウイルス感染症の影響を含めた経済社会構造の変化による電力需要の増加リスクや、ウクライナ情勢などの影響による石油、天然ガス、石炭などの調達リスクが顕在化しつつある状況です。
 
電力不足回避、エネルギーの安定供給の為、お客様におかれましては7月1日(金)から9月30日(金)まで、無理のない範囲でできる限りの節電にご協力いただきますようお願い申し上げます。
 
 


●具体的な節電方法について
 
1.照明・コンセント
照明や電気製品は、使わないときはこまめにスイッチを切りましょう。
また、照明の間引きや適正な照度調整をして、必要最小限の灯りを心がけましょう。
省エネ型蛍光灯やLED照明などへの切り替えも節電には効果的です。
 
2.空調
使っていない部屋などの空調は消しましょう。
夏の冷房は、温度設定を高くすると約13%の消費電力の削減になります。
また、フィルターが目詰まりしていたり室外機の周囲に物を置いていたりすると冷房の効果が下がるため、フィルターのこまめな掃除や室外機周辺の整頓を行うことが大切です。
 
3.冷蔵庫
冷蔵庫の節電のポイントは、冷気を保ちながら効率よく稼働させることです。
冷蔵庫には物を詰め込み過ぎず、熱いものは冷やしてから入れるなどを意識することで節電に繋がります。
また、冷蔵庫を開ける時間を短くし、開閉回数を極力減らすことも重要です。
 
4.洗濯機
1日の洗濯量が少ない時は、何日分かをまとめて洗濯するなどして、洗濯回数を減らしましょう。
しかし、洗濯物が多すぎると洗濯機が回転する際により多くの電力が必要になります。
 




東京電力管内では27日、気温上昇に伴う冷房利用の増加などで電力需給が逼迫する恐れが強まっており、経済産業省は管内の家庭や企業に対して午後3~6時の節電を呼びかけた。前日に発令した全国初の「電力需給逼迫注意報」に基づき、使っていない照明を消すなど、無理のない範囲で、できる限りの節電を求めている。 熱中症の危険性も高まっているため冷房は控えず、適切に利用することも同時に求めた。 関東を中心に25、26日が6月として記録的な猛暑となり、27日も暑くなると見込まれている。東電管内では電力供給の余力を示す予備率は27日午後4時~4時半には4・7%、午後4時半~5時は3・7%に低下する見通し。 

引用元:需給逼迫で節電呼びかけ 東電管内に注意報 冷房は控えずに - 産経ニュース
2022年06月27日 11:00:00

四つ葉電力株式会社 小売電気業者(A0343)
TEL:0120-016-428 / FAX:06-4393-8302

〒550-0013 大阪市西区新町1-5-7
四ツ橋ビルディング 6階


お申し込みはコチラ お申し込みはコチラ お申し込みはコチラ TOPへ